MENU

不妊改善サプリのマカを飲んでも効果がなかった人のためのサイト!

不妊治療を経験した友人の勧めで、結婚して基礎体温を測り始めました。キレイに高温期と低温期に分かれていて、排卵日もだいたいわかるようになったので、自己流でタイミングをみていました。自然に妊娠できるのがあたりまえだと思っていたのに、一年以上経っても妊娠することがありませんでした。無印良品で売っているあったかパンツと腹巻がいいとネットで見たので、同じものを買って身体を冷やさないように気をつけました。それでも妊娠できなかったので、思い切って不妊治療専門のクリニックを受診することにしました。

 

不妊治療のクリニックでは、基礎体温表を必ず持参することになっていたので、いままで付けていたものが無駄にはなりませんでした。血液検査、卵管がつまっていないかの卵管造影検査、精子を異物として殺してしまうことがないかフーナーテストを行いました。不妊治療専門のクリニックでは夫婦で検査を受けることになっているので、主人の精子の検査もしました。そこで、主人の精子の数が少な目で、元気があまりないことがわかりました。主人はしばらく薬を服用することになりました。薬を服用しながら、人工授精をすることになりました。

 

薬を2ヶ月以上服用しても、主人の精子の状態に変化はありませんでした。薬は2ヶ月でやめ、引き続き人工授精を続けることになったのです。半年以上人工授精をしましたが
妊娠することができなかったので、体外受精にステップアップすることになりました。体外受精をすることに決め、わたしと主人の詳細の検査をまたしました。子宮ガンの検査もしました。精子は今までよりも詳細の検査をしました。

 

検査で問題ないことがわかったら、採卵の日が決まりました。採卵の日に向けて、薬を服用したり、毎日注射に通いました。採卵はチクチクと痛みましたが、割と短い時間で済みました。その後、8つの受精卵ができたと報告され、2つを体内に戻しました。それから毎日ホルモンの注射に通ったんですが、毎日ドキドキしていました。電車で揺られるたびに、これが原因で妊娠できなかったらどうしようと、不安でいっぱいでした。でも、無事に妊娠することができました。お腹の中では順調に育ち、元気な赤ちゃんを出産することができました。

 

結婚したら子供が欲しかったので、友人のアドバイス通りに基礎体温表をつけておいてよかったと思います。不妊治療専門のクリニックに通い始めてから基礎体温をつけるのでは、数ヶ月無駄になってしまいます。もう少し、早目に受診すればよかったなとも思います。

 

評判のいいクリニックで無事に妊娠することができましたが、妊娠するという保証はないので常に不安でいっぱいでした。体外受精にステップアップすると、費用も大変でした。東京都からの助成金もありますが、全然足りません。でも、いまは元気に育っている子どもがいてくれるので、がんばって通院してよかったと思います。

更新履歴